JavaScriptでオンライン・オフラインを検出する

JavaScriptでネットワークコンディションを検出する例です。

オンラインとオフラインの判定、加えてイベントリスナーにてオンライン復帰とオフライン化した際の処理を行います。

class checkNetworkCondition {
  constructor() {
    // setIntervalのid
    this.countId = null

    // 再チェックまでの秒数
    this.recheckTimer = 5

    // カウント中か否か
    this.isCounting = false

    window.addEventListener("online", () => {
      
      if (!this.countId || this.isCounting) {
        return
      }
      
      this.check()
      clearInterval(this.countId)
    })

    window.addEventListener("offline", () => {
      this.check()
    })

    this.check()
  }

  counting() {
    let count = 0
    this.isCounting = true

    this.countId = setInterval(() => {
      if(count < this.recheckTimer) {
        console.log("再チェックまで:", this.recheckTimer - count)
      }
      
      count = count + 1

      if(count === this.recheckTimer + 1) {
        clearInterval(this.countId)

        this.isCounting = false
        this.check()
      }
    }, 1000)
  }

  check() {
    const nowDate = new Date()
    const isOnline = window.navigator.onLine
    
    if(isOnline) {
      console.log("😄 オンライン:", nowDate)
    }

    if(!isOnline) {
      console.log("😱 オフライン:", nowDate)
      this.counting()
    }
  }
}

new checkNetworkCondition()

実行するとコンソールにてオンラインとオフラインの判定が確認できます。

オフラインの場合はオンラインになるまでネットワークコンディションのチェックを、実行中にネットワークコンディションが変更された場合には再チェックが行われます。

実行中のコンソールの様子

処理前にネットワークコンディションの判定が必要な時、またユーザーへのフィードバックUIとして活用出来そうです。

参考:オンライン・オフラインイベント - MDN

ホームへ戻る