Viteでvite-plugin-handlebarsを使用してHTMLパーツを読み込む

Viteにてエントリーポイント先の.htmlの中でパーツ単位で分けられたhtmlファイルを読み込みたい場合は、vite-plugin-handlebarsを使用するとスマートに実現出来ます。

例えば普段EJSなどを使用しているとヘッダーは_header.ejs、フッターは_footer.ejsで切り出しそれぞれをindex.ejsにてinclude()すると思いますが、これと同じことが出来るようになります。

install

まずはインストールします。

yarn add -D vite-plugin-handlebars

プラグインをvite.configに追加

vite.config.ts
  import react from '@vitejs/plugin-react'
  import { resolve } from 'path'
  import { defineConfig, UserConfig } from 'vite'
+ import handlebars from 'vite-plugin-handlebars'

  // isProduction
  const isProduction = process.env.NODE_ENV === 'production'

  // https://vitejs.dev/config/
  const config: UserConfig = {
    plugins: [
      react(),
+     handlebars({
+       partialDirectory: resolve(__dirname, './src/html-partials'),
+       context: {
+         isProduction: isProduction
+       },
+       reloadOnPartialChange: false
+     }),
    ]
  }

  export default defineConfig(config)

contextの部分に色々と値を持たせる事が出来るので、この辺りを上手いこと活用できればViteでも楽にhtmlを扱うことが出来そうです。
contextの仕様: https://github.com/alexlafroscia/vite-plugin-handlebars#defining-context

一旦上記では何かと使うであろうisProductionのみ持たせています。

htmlパーツを読み込む

partialDirectoryで指定したディレクトリ配下のhtmlファイルを自由に読み込むことが出来るので、例えばsrc/html-partials/_header.htmlを読み込みたい場合はファイル名をそのまま指定しれあげればOKです。

index.html
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <body>
    {{> _header }}
    <main id="app"></main>
    <script type="module" src="./main.tsx"></script>
  </body>
</html>

contextに持たせたisProductionを用いて例えばビルド時のみGTMタグを出力したい場合も容易に実現出来ます。

index.html
<head>
  {{#if isProduction}}
    <!-- Google Tag Manager -->
    <script>(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start':
    new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0],
    j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src=
    'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f);
    })(window,document,'script','dataLayer','GTM-XXXXXXX');</script>
    <!-- End Google Tag Manager -->
  {{/if}}
</head>

Viteに限らず静的なWeb制作をしようとするとhtmlファイルを切り出してパーツ毎に分けた開発を行う事も多いですので、Viteの場合はvite-plugin-handlebarsなどの便利なプラグインを活用してみると良さそうです。

ホームへ戻る